病気がイヤがる暮らし方 丁 宗鐵著

テレビの健康番組で「主治医がみつる診療所」というものがありますが、その番組に出演されているお医者様の一人 丁 宗鐵さんの本を読み、食事の好みに病気の素があることを確認しました。

例えば
・炭水化物、果物、糖分→糖尿病

日本人には糖尿病が多いと聞いていましたが、これはわかりきったことではありますが、はやりの食べ物に、つい、のってしまう。

塩分→ 高血圧
これは、昔から日本人に多く、そのため食事療法が古くからあります。

脂肪、塩分  高脂血症

スナック菓子 アトピー性皮膚炎

豆類(大豆小豆落花生コーヒーなど 大腸炎

山菜類たけのこ濃茶  血液疾患

柿渋味 胆石

高カロリー+糖分+たばこ  癌

この本「病気がイヤがる暮らし方」は、この他に、病気になる前に病気を防ぐにはどうしたらよいか書いてあって、子供を育てる若いお母さんには特に良い本ですよ♪




病気がイヤがる暮らし方


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。